eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● アストンマーティンの新型車の名称は『ヴァルハラ』 ミッドマウントV6ターボ+モーターのHVハイパーカー

f:id:eddie_k1967:20190621175516j:plain


アストンマーティンは、これまで「AM-RB003」のコードネームで呼ばれていた新型ハイパーカーに「ヴァルハラ(Valhalla)」というモデルネームを与えることを発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190621175541j:plain

 

ヴァルハラは、ミッドシップマウントのV6ガソリンターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドハイパーカー。開発はレッドブル・アドバンスド・テクノロジーと所属するレーシングカーデザイナー「エイドリアン・ニューウェイ」の手によって進められ、オールカーボンボディには、幻の「ヴァルキリー」で確立された高度なエアロダイナミクス技術が採用されている。今年のジュネーブショーにはプロトタイプも出展されたから、記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

 

f:id:eddie_k1967:20190621175641j:plain

 

今回明らかにされたネーミングは、約3億円というプライスにもかかわらず即完売となったヴァルキリーと同じく北欧神話にちなんだもので、戦死した兵士達の魂が乙女「ヴァルキリー(ワルキューレ)」によって導かれる場所を意味するという。さらに、モデルネーム冒頭の「V」は、1951年に作製された「DB2」の高性能版まで遡り、その後の「DB5ヴァンテージ」や、昨年デビューした最新の2シーターピュアスポーツ「ヴァンテージ」に至るまで、アストンのハイパフォーマンスモデルが冠してきた伝統の文字であることが明かされました。

 

f:id:eddie_k1967:20190621180639j:plain

 

こうしたことからも、ヴァルハラがヴァルキリーの系譜に連なる超弩級ハイパーカーとなることは想像に難くない。アストンによれば、このハイパーカーは500台限定で2021年から生産される予定で、既に全台のオーナーが決まっていると噂されています。幸運なオーナーには、ヴァルハラをガレージに仕舞い込まずに、その姿をメディアに紹介したり公道走行を是非披露してくれることを祈るのみですね。

 

f:id:eddie_k1967:20190621180546j:plain

 

 

【 Aston Martin AM-RB 003 Valhalla の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=jgj7mZkqWzY

 

 

【 Aston Martin Vanquish and Valhalla の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=AXju0i31cCM

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら