eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● ポルシェ カイエンクーペの中間グレード「S」が登場、440psを発生する2.9L V6ターボを搭載

f:id:eddie_k1967:20190621204304j:plain


ポルシェジャパンはカイエンクーペのラインナップに、440psを発生する2.9L V6ツインターボエンジンを搭載した「カイエンSクーペ」を追加発売することを発表し、2019年6月21日、日本市場での予約受注を開始しました。なお、車両価格は1408万円になるそうだが、発売日はまだ未定とのことです。

 

f:id:eddie_k1967:20190621204341j:plain

 

カイエンクーペのモデルレンジ(ラインナップ)に追加されたカイエンSクーペは、最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9L V6ツインターボエンジンを搭載するモデル。0→100km/h加速は5.0秒(オプションのライトウエイトスポーツパッケージ装着車は4.9秒)、最高速度は263km/hを記録する。

 

f:id:eddie_k1967:20190621204555j:plain

 

このカイエンSクーペは、スタンダードな「カイエンクーペ」とハイエンドの「カイエンターボクーペ」の中間に位置するモデルとなる。今回のグレード追加により、ポルシェSUVクーペのモデルレンジがさらに強化された。

 

f:id:eddie_k1967:20190621204642j:plain

 

カイエンクーペは、よりシャープになったスタイリングや独立したシートの後部座席などを採用したリアセクションが特徴的なモデルで、従来のカイエンと比較すると後部座席は約30mm低くなっている。また浅く傾斜したフロントウインドウとAピラーにより、ルーフエッジはカイエンよりも約20mm低い。

 

f:id:eddie_k1967:20190621204809j:plain

f:id:eddie_k1967:20190621204825j:plain

 

固定式のリアスポイラーは、ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)の一部であるアデプティブリアスポイラーとともに採用。PAAのスポイラーは、90km/hを超えると135mmまで展開して大きなダウンフォースを発生させるという。

 

f:id:eddie_k1967:20190621204903j:plain

 

なお、カイエンクーペの車両価格は1115万円、カイエンターボクーペの価格は1974万円であり、カイエンSクーペはその間を埋める1408万円に設定されました。

 

f:id:eddie_k1967:20190621204934j:plain

 

 

【 The All-New Porsche Cayenne Coupe の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=kYCjg91NIJw

 

 

【 Xander Schauffele & New Cayenne Coupe の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=OjNll7J6dak

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら