eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● BMW 7シリーズ 改良新型が日本発売、大型グリルで表情一新…ハンズ・オフ/リバースアシストも搭載

f:id:eddie_k1967:20190624181842j:plain


BMWは今般、2015年にフル・モデルチェンジしたBMW 7シリーズの改良新型となったシリーズモデルを日本で発売する。グリルデザインの大型化や高性能3眼カメラを含む最先端の運転支援システムを搭載するのがトピックとなっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190624181904j:plain

 

今回の新型モデルでは、ラグジュアリー性と存在感を高めるべく、デザインを刷新。約40%大型化したキドニーグリルはフロント・ライトと連結するように配置することで存在感あるデザインを実現。リアエンドは、細く水平に伸びるリア・ランプと、その上に装備された水平直線状のクローム加飾ガーニッシュにより、優雅な印象を際立たせた。

 

f:id:eddie_k1967:20190624181925j:plain

 

ボディサイドは、厚みを増したボンネットと、ボディ下部のクローム加飾が、洗練された高級感を演出している。インテリアには新しく12.3インチのディスプレイを備えた最新のフルデジタル・メーターパネルが装備されるとともに、AI技術を活用したBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを搭載。自然な音声会話で車両の操作、情報へのアクセスが可能となるなど、高い機能性を備えているそうだ。

 

f:id:eddie_k1967:20190624182020j:plain

 

走行性能面では、プラグイン・ハイブリッド・モデルに新たに最高出力286ps/5000rpm、最大トルク45.9kg-m/1500-3500rpmを発揮する直6ガソリン・エンジンを装備。新型BMW 745Le xドライブには4輪駆動システム「BMW xドライブ」を搭載した。また、新型BMW 750i/750Li xドライブは最高出力81psプラス、最大トルク10.2kg-mプラスを実現し、大幅に走行性能が向上しているそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20190624182114j:plain

 

注目すべきは2019年夏以降、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の設定。「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」とは、高速道路の渋滞時にドライバーの運転負荷を軽減する運転支援システム。ドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、ステアリングから手を離して走行が可能となる。

 

f:id:eddie_k1967:20190624182146j:plain

 

SAEインターナショナルが定めるレベル2の段階であり、自動運転ではなく、前方注視が必要となる。これに加え、35km/h以下での走行時に直近の50mの軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバースアシスト」を含む、最新の運転支援システムが搭載されることも日本のユーザーには有り難いところ。

 

f:id:eddie_k1967:20190624182221j:plain

 

また、トラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)機能も搭載され、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートしてくれる。改良新型には、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサー、レーダーによって、精度と正確性が向上した運転支援システムを量産グレードに標準装備。アクティブ・クルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)、レーンチェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロールアシスト、サイドコリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロストラフィック・ウォーニングが装備されています。

 

f:id:eddie_k1967:20190624182245j:plain

 

また、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントは、AI技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW最新の機能。自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にするほか、ドライバーの好みを学習し、長く乗り続けるほどパートナーとしての役割を担うことが可能となる。

 

f:id:eddie_k1967:20190624182316j:plain

 

最大の特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能な点。例えば、このアシスタント機能を起動する際、「OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」だけでなく、「ナナシリーズ」と、呼びかける言葉を任意に設定することが可能となっているそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20190624182625j:plain

 

改良新型7シリーズの価格は、3.0リッター直列6気筒ターボ・エンジンを搭載する「740i/740Li」が1090~1490万円、3.0リッター直列6気筒ディーゼルターボ・エンジンを搭載する「740d/740Ld」が1203~1535万円、3.0リッター直列6気筒ターボ・エンジン+モーターの「745e/746Le」が1198~1550万円、4.4リッターV型8気筒ターボ・エンジンを搭載する「750i/750Li」が1560~1828万円、6.6リッターV型12気筒ターボ・エンジンを搭載する「M760Li」が2523万円ということです。

 

 

【 The new BMW 7 Series - Official Launch の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=dAFMwd0w6dc

 

 

【 2020 BMW 7 SERIES - REVIEW の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=AZwFrAdGPRw

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら