eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● スバル車のイメージカラーは「青」、青色のクルマが持つ個性とは…

f:id:eddie_k1967:20190716150241j:plain


自動車メーカーが販売するクルマには、個々のブランドやモデルが持つイメージカラーがあります。スバルといえば青色のカラーが有名なブランドとして知られており、世界的にも「スバルブルー」は周知されています。

 

f:id:eddie_k1967:20190716145703j:plain

 

レースカー仕様の車両からそんな青色をイメージカラーにするに至ったスバルに、クルマの個性、ポテンシャルとイメージカラーにどのような関係性があるのでしょうか。

 

f:id:eddie_k1967:20190716145542j:plain

 

500台限定で販売されたスバル「WRX STI タイプRA-R」 スバルブルーのなかでも至極の一台として有名になっているのが「WRブルー」なのです。WRブルーは、WRCにスバルが参戦していた時代に使用されていたワークスマシンのカラーリング(青ベース)が起源です。

 

f:id:eddie_k1967:20190716145613j:plain

 

WRブルーは2代目インプレッサからイメージカラーとして採用され、現在の「WRX STI」もイメージカラーとして使用しています。現在、発売されているWRX STIは、1992年に登場した「インプレッサ WRX」が、2007年におこなわれたフルモデルチェンジで独立したモデルとなっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190716145846j:plain

 

インプレッサと棲み分けをおこなうために、スポーツモデルとしてWRX STIが登場。初代WRX STIでは、青系のカラーとして「WRブルー・マイカ」と「プラズマブルー・シリカ」の2色が設定されていましたが、2014年に発売された2代目WRX STIは、「WRブルー・パール」のみの設定となっています。ちなみに、現在では「WRX S4」と「BRZ」にも「WRブルー」が設定されています。

 

f:id:eddie_k1967:20190716145806j:plain

 

スバルの青色がテーマカラーやイメージカラーとなっているクルマには、「スポーティ」や「クリーン」、「爽やかさ」、さらには「気品」といった独特なイメージ戦略も持ちあわせているようです。

 

f:id:eddie_k1967:20190716150133j:plain

 

他メーカーにも青系カラーリングの設定がされるスポーツモデルなどがありますが、そんな車種にも同様なイメージ戦略を持つものが多いそうですよ。

 

f:id:eddie_k1967:20190716150438j:plain

 

 

【 STIでSUBARUに魔法を! の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=RPyOAhKu7Ug

 

 

【 WRX STI RA-R CONCEPT Report の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=I_AlIBTsMlA

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら