eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 2019 WRC 第10戦ラリー・ドイチェランド(ドイツ) day3

f:id:eddie_k1967:20190825120151p:plain


■タナックが総合1位の座を堅持

現地8月24日(土)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・ドイチェランドの競技3日目デイ3がドイツ西南部のボスタルジーを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が首位を守りました。

 

f:id:eddie_k1967:20190825120312j:plain


また、クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車)はタナックと32.4秒差の総合2位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(10号車)は総合3位に順位を上げ、トップ3をヤリスWRCが占めました。

 

f:id:eddie_k1967:20190825120236j:plain

 

■8号車(タナック、マルティン組)

今大会最長のデイ3は、前半ザールラント州の2本のカントリーステージを各2回走り、その後バウムホールダー軍事演習場内で2本のステージを各2回走行。8本のSSの合計距離は157.92kmでした。デイ2で首位を守り総合2位のライバルに2.8秒差をつけたタナックは、オープニングのSS8でその差を1.5秒に縮められましたが、SS9でベストタイムを記録し差を6.7秒に拡大。

 

f:id:eddie_k1967:20190825120354j:plain

 

その後、SS12まで激しい首位争いが続きました。しかし、今大会最長となる全長41.17kmのSS13「パンツァープラッテ1」でベストタイムを記したタナックのリードは一気に拡大。首位の座を確かなものとしました。また、SS13では、総合4位につけライバルと表彰台争いを続けていたミークが総合2位に、総合5位につけていたラトバラが総合3位に順位を上げました。

 

f:id:eddie_k1967:20190824141943j:plain

 

その後ラトバラはSS14で、ミークはSS15でベストタイムを記録。ミークは総合2位、ラトバラは総合3位に順位を上げる結果となった。チームの全選手がヤリスWRCから速さを引き出し、非常に良い形でデイ3を締めくくりました。

 

f:id:eddie_k1967:20190824144219j:plain

 

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにより、今回初めてヤリスWRCWRCに出場した勝田貴元/ダニエル・バリット組(17号車)は、デイ3も全てのステージを堅実に走破。SS14ではタイヤのエアー抜けに見舞われましたが、落ち着いて対処し総合10位に順位を上げてデイ3を終えました。

 

f:id:eddie_k1967:20190824144337j:plain

 

 

【 Rally Germany 2019 - Highlights DAY3 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=k2VrRHqlr_4

 

 

【 2019 Rallye Deutschland : Shakedown の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=vqcy5xG4FWc

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら