eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● マツダ・ロードスター 限定 メディア対抗4耐レースに「MORIZO」トヨタ社長が参戦!

f:id:eddie_k1967:20190907222050j:plain


2019年9月7日、つくばサーキットで開催された第30回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(特別協賛:マツダ)に、トヨタ自動車代表取締役社長「MORIZO」こと 豊田章男さんが参戦。第1ドライバーとして、チームマシンであるロードスターのハンドルを握りました。

 

f:id:eddie_k1967:20190907222435j:plain

 

このメディア対抗4時間耐久レースは、自動車メディアの関係者やマツダ関連会社の方々などによる、「マツダ ロードスター」を使って繰り広げられる毎年恒例の企画レースとなっており、今回で30周年を迎えます。

 

f:id:eddie_k1967:20190907222517j:plain

 

メディア4耐は、初代ロードスターの発売に合わせて1989年に始まったロードスターワンメイクレース。30回目となる今回は、筑波サーキット茨城県下妻市)で開催し、自動車雑誌やウェブメディアのほか、車両や部品を供給する6社で結成する特別チームなどの24チームが参戦する。

 

f:id:eddie_k1967:20190907222647j:plain


レース開催に先駆けて、現地では記念セレモニーが行われ、マツダ代表取締役社長兼CEO 丸本明氏と一緒に登壇した豊田社長は「30年も続けている。これは大変なこと」とイベント開催を称賛。ロードスターで繰り広げられるレースについては「以前から興味があった」と意欲を見せました。「そもそも、会社が違うので遠慮していた」とこれまで参加しなかった理由を明かし、「ロードスターと人馬一体で走れるドライバーになりたいですね。『Be a driver』ですよ!」と会場に集まった観衆や報道陣、マツダ関係者の笑いを誘いました。

 

f:id:eddie_k1967:20190907222716j:plain

 

今回参加したのはマツダ側からオファーがあったことがきっかけで、俳優・香川照之さんが編集長を務めているトヨタ自動車のオウンドメディア「トヨタイムズ」のチームとして、「まったくお断りする理由はない」と参加を決めたそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20190907223250j:plain

 

ドライバーは他に、息子である豊田大輔さん、小倉クラッチの小倉康宏社長やレーシングドライバーの佐々木雅弘氏の計4人で編成し、チーム名は「トヨタイムズ ROOKIE RACING」となっていました。また、MAZDAデザイン・ブランドスタイルを担当する前田育男常務執行役員らで構成するマツダの「人馬一体チーム」も参戦する。

 

f:id:eddie_k1967:20190907222911p:plain

 

なお、レース詳細に関しては、各メディアからも次々に配信される予定となっているが、現状の結果では トップが「813号車 J-waveチーム」で、次いで2番手が 「104号車 トヨタイムズチーム」、マツダ「12号車 人馬一体チーム」 は、惜しくも表彰台を逃す4番手となった模様です。

 

f:id:eddie_k1967:20190907223008p:plain

 

ちょっと台風接近が気掛かりで悪天候が心配されましたが、接近が予想より遅れて良い天気となった。無事にこのイベントが終了したこと、開催に向けてがんばっていた関係者の皆様、たいへんお疲れ様でした。

 

f:id:eddie_k1967:20190907223114j:plain

f:id:eddie_k1967:20190907223142p:plain

f:id:eddie_k1967:20190907224846p:plain

 

 

【 メディア4耐 in 筑波サーキット(ITmedia/MONOist) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=_ylE7U7hR7Q

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら