eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 三菱自動車 アウトランダー PHEV、ロンドンで森のパトロールカーに初の電動車起用!

f:id:eddie_k1967:20190908232422j:plain

 

三菱自動車の欧州部門は、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)3台を英国ロンドン市に納入したことを発表しました。ロンドン最大の森のひとつ、「エッピングフォレスト」の保護パトロールに使用される最初の電動車両になる。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232447j:plain

 

アウトランダーPHEVは最新の2019年モデルで、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施した車両。モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、ほぼ一新といえる約9割のコンポーネントを改良している。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232528j:plain

 

エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに、400cc拡大。このガソリンエンジンは、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にしている。また、エンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感を低減させた。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232607j:plain

 

さらに、駆動用のリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhとし、最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求した。2019年モデルのパワースペックは、エンジンが135ps、フロントモーターが82ps、リアモーターが95psとなる。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232641j:plain

f:id:eddie_k1967:20190908232716j:plain


三菱自動車の欧州部門は、このアウトランダーPHEVを3台、英国ロンドン市に納入した。ロンドン最大の森、エッピングフォレストの保護パトロールに使用される最初の電動車両になる。最大45kmのEVモードを備えたアウトランダーPHEVは、エッピングフォレストの保護パトロールチームが最小限のノイズと排出ガスで、任務を遂行することを可能にするとしています。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232801j:plain

 

 

【 Epping Forest Gateway の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=XaYdFoYNbXs

 

 

【 Outlander PHEV - London's Plug-in Hybrid の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=-oL_9Xahl0A

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら