eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 2019WRC 世界ラリー選手権 第11戦トルコ (day2 暫定順位)

f:id:eddie_k1967:20190914121648j:plain


2019年世界ラリー選手権WRC)第11戦のラリー・トルコは、波乱の展開となった。レグ1を終えてエサペッカ・ラッピ(シトロエンC3 WRC)がトップ、セバスチャン・オジエが17.7秒差の2位で続き、シトロエン・レーシングが1-2態勢を築いているものの、ティエリー・ヌーヴィル(ヒュンダイi20クーペWRC)もオジエの0.7秒背後にぴたりと続いている。

 

f:id:eddie_k1967:20190914121959j:plain

f:id:eddie_k1967:20190914130032j:plain

 

ラリー・トルコの金曜日(day2)は、イチメレル(24.85km)を走ったあと北に向かい、ラリー最長ステージのチェティベッリ(38.15km)、ウラ(16.57km)の3ステージを午前と午後に2回ループする6SS/159.14kmというもっとも長い一日となり、グラベルの続くラフな山岳ステージがトップドライバーたちに容赦ない試練を与えることになりました。

 

f:id:eddie_k1967:20190914125912j:plain

 

スペシャルステージ(SS2~7)が行なわれ、暫定結果のタイム詳細は下表のとおりで、エサペッカ・ラッピ(シトロエンC3 WRC)が総合首位につけました。

 

f:id:eddie_k1967:20190914122020j:plain

 

総合2番手にはセバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)がつけ、シトロエン陣営がトップ2を占める結果となった。なお、トヨタのミーク、タナク、ラトバラが7-8-9位と不本意なポジションで競技day2を終えることになりました。トヨタの土曜以降の頑張りに期待しましょう。

 

f:id:eddie_k1967:20190914122049j:plain

 

■ 2019WRC第11戦トルコ SS7後 暫定結果

Pos. No.  Driver      Machine            Gap

1  4  E.ラッピ     シトロエンC3 WRC        1h59’53.7

2  1  S.オジエ     シトロエンC3 WRC         +0’17.7

3   11  T.ヌービル     ヒュンダイi20クーペWRC         +0’18.4

4  3  T.スニネン      フォード・フィエスWRC      +0’44.4

5  89  A.ミケルセン   ヒュンダイi20クーペWRC     +1’04.1

6   6  D.ソルド      ヒュンダイi20クーペWRC     +1’25.2

7   5  K.ミーク      トヨタ・ヤリスWRC           +1’32.1

8   8  O.タナク      トヨタ・ヤリスWRC        +1’37.4

9   10  J.ラトバラ    トヨタ・ヤリスWRC        +1’42.5

10   7  P.ティデマンド  フォード・フィエスWRC     +3’45.4

 

f:id:eddie_k1967:20190914122124j:plain

f:id:eddie_k1967:20190914122141j:plain

 

 

【 WRC 2019 Rally Turkey : Shakedown の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=5pmYHPs1-fc

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら